大阪府寝屋川市宇谷町1-35

歯のQ&A|最先端医療で難症例にも対応。寝屋川市の宮前歯科クリニック 寝屋川インプラント歯周センター

歯のQ&A

歯のQ&A

審美歯科

審美歯科とは?
虫歯や歯周病など、歯の病気の治療だけでなく、より美しく健康な歯や歯肉を得ることを目的としています。当院ではしっかりと噛めること、美しさの両方にこだわった本当の審美治療を行っております。また、患者様の状態に応じて最適な治療法を選択します。
オールセラミックってどんなものですか?
オールセラミックは金属を使用せず、セラミック自体も汚れにくいためほとんど変色しません。そのため、自然な白さを長く維持できます。歯を削った後に、天然の歯と見た目が変わらないような自然感あふれるかぶせ物により治療します。金属とは違い、天然歯に合わせたカラーリングが可能なので、美しく自然な仕上がりが期待できます。最近では、すでに治療済みの奥歯の詰めものをセラミックに詰めかえる方が増えています。
前歯のかぶせが黒ずんでいて気になります、どうすればいいでしょうか?
従来のセラミッククラウンは補強の目的で内面に金属の裏打ちがあります。時が経つと歯ぐきがやせて、かぶせ物の金属部分が現れて黒く見えたり、金属部分が光を通さないので、周囲の歯ぐきが暗く見えるということが起こります。これを改善するには面倒でもかぶせものをつくり直す以外にありません。最近のセラミッククラウンには金属で補強する必要がないほど強いものもあります。的確な診断の元に治療が施されれば、その結果は見た目にもきわめて自然で生まれつきの歯と遜色なく、耐久性も十分に得ることができます。
奥歯の銀歯が目立つので悩んでいます。どうしたら良いでしょうか?
銀素材の代わりにセラミック素材を使用することで、天然の歯のような美しい歯を取り戻せます。今日の格段に進歩した修復法のおかげで前歯・奥歯とも削る量が最小限で、強く美しい見た目に自然な修復が可能になりました。金属アレルギーの心配もありませんので、詳しくは一度ご相談ください。
ポーセレンラミネートベニアってどんなものですか?
ホワイトニングのみでは白くならない場合や、歯の形態を整えたいときに、歯の表層を少し削り、セラミックを貼る方法です。材質はセラミックですので、歯肉の変色もなく、自然感が再現できます。

前歯の変色や、すき間が気になります。どうしたら良いでしょうか?
ポーセレンラミネートベニアとはきわめて薄いセラミックからできていて、前歯や奥歯の、また上顎・下顎の歯どちらでも笑ったときに見える部分をカバーします。歯と歯の間のすき間を埋める、変型歯の修正、暗色歯の色調改善、ふぞろいの歯のバランス矯正などに用います。従来のクラウン(かぶせ物)に代わってベニアが普及した理由のひとつとして、天然の歯を削る量が最小限で済むからです。
歯についた茶渋やヤニなどの着色はきれいになりますか?
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)によって、歯垢や歯石、ヤニなどの着色汚れをきれいに取り除くことができます。また、クリーニングで取りきれなかった波の黄ばみ等はホワイトニングで白く美しい歯にすることもできます。こういった濃い着色は、"白くなる"という歯みがき粉を使ってもほとんど白くはなりません。PMTC というプロのクリーニングが有効です。PMTCは着色汚れを落とす他、プラークを除去できるので虫歯や歯周病、口臭の予防としても最適です。

症例ははこちら

ホワイトニング

ホワイトニングってどんなものですか?
ホワイトニングとは、変色している歯の表面に薬剤を塗布し化学的に漂白する方法です。患者様が自宅にて治療することができ、歯を削ることなく白くすることができます。
ホワイトニングは歯を削らないため痛みがありません。また、施術によって知覚過敏が発生することがありますが、ほとんどの場合、一過性のものですのですぐに治ります。ホワイトニングには、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングがあります。ホームホワイトニングは、オフィスホワイトニングと違って効果が長持ちするのが特長です。しっかりと1ヶ月行えば、効果は1~2年程度維持できます。再度着色する前に、1週間ほど行えば効果を維持することができます(ただし、個人差があります)。
ホワイトニングするとどの程度白くなりますか?
変色の原因・変色の程度・歯質などによって個人差があります。あくまで、その方の元の歯の色合いから徐々に白くなりますので、ご希望の白さや真っ白というわけにはいかない方も少なくありません。当院では、どの程度まで白くなるのか、またどの程度白くしたいのかを、事前に確認してから進めていきます。
歯ぐきの色が黒くて気になります、どうしたら良いのでしょうか?
原因としては、金属の切削片が歯ぐきに入り込んだもの、かぶせ物の辺縁が透けて見えるもの、メラニン色素の沈着が考えられます。金属の切削片が歯ぐきに入り込んだものに対しては、歯ぐきの外科処置。かぶせ物の辺縁が透けて見えるものに対しては、かぶせ物の再製。メラニン色素の沈着に対しては、薬剤による除去などの方法があります。

症例ははこちら

インプラント

インプラントってどんなものですか?
インプラント治療とは、歯の抜けたところに人工歯根(チタン製)を埋め込み、それを土台にして天然の歯に近い人工の歯をかぶせる治療法です。人体にやさしく金属アレルギーの心配がないチタンでできています。1本の歯から、全く歯のない方まで対応することができます。
インプラント治療は誰でも受けられますか?
ほとんどの方が受けられます。顎の骨の成長が完了している20歳前後以上で健康的な方であれば、特に年齢制限はありません。80歳くらいでも、健康な方であれば問題なく治療を受けていただいております。重度の全身疾患のある方、一般の外科手術に耐えられない方などは、治療できない場合もあります。
手術に痛みはありますか?
手術は必ず麻酔を用いるため、痛みは感じません。麻酔が切れてから腫れや痛みが起こることがありますが、歯を抜いた後と同様のものとお考えください。
手術は安心して受けられますか?

不安な方には、静脈内鎮静法をおすすめしています。全身麻酔とは異なり、鎮静剤の投与によってリラックスした状態で治療を受けられます。また血圧のコントロールができるので、出血が少なくなります。手術に不安を感じていらっしゃる方は、お気軽にご相談ください。
治療期間はどのくらいですか?また、入院は必要ですか?
治療期間としては、手術の他に、インプラント埋め込み前の処置、各種検査、歯周病治療(必要な方のみ)、インプラント上部構造(かぶせ物)の作製などがあるため、上顎で6~10ヶ月以上、下顎で4~7ヶ月以上かかります。ほとんどの場合、入院は必要ありません。
  • 1.手術前の状態
    (顎の断面図)

  • 2.一次手術
    インプラントを埋め込む

  • 3.治癒期間(数ヶ月)
    インプラントと骨の
    結合を待つ

  • 4.二次手術
    歯の土台となる部分を連結

  • 5.人工の歯を装着

総入れ歯をしていますが、インプラント治療は可能ですか?
はい、可能です。顎の骨の状態と、最終的な義歯の種類によって、インプラントの本数を決めていきます。総入れ歯をインプラントで固定する、取り外し式のオーバーデンチャーや、多数のインプラントで支える固定式のボーンアンカーブリッジなどがあります。
インプラント治療後の見た目はどうなりますか?
インプラントは機能性、審美性、噛み合わせのバランスなど緻密に計算して治療が施されます。見た目も自然で、他の人からはわからないことがほとんどです。入れ歯のようにバネや留め金が目立つこともなく、セラミックの人工歯を使用すれば色合い・形ともに天然の歯と同様の自然な仕上がりを実現できます。
何でも噛めるようになりますか?

ご自身の歯と同じような感覚でお使いいただけるため、リンゴでもおせんべいでも、ほとんどのものを噛めるようになります。入れ歯のように食生活に制限が出ることはありません。
インプラントはどのくらい長持ちしますか?
長期にわたってお使いいただけますが、天然の歯にも寿命があるように、お口の中の環境によって左右されます。普段から正しいブラッシングと定期検診が必要です。きちんとメンテナンスをすれば、10年、20年、またはそれ以上も使い続けられます。
インプラント治療をするメリットは何ですか?
・自分の歯のようにしっかりと噛める
・自然な歯と見分けがつかない美しい仕上がり
・他の歯を削る必要がない
・義歯に比べて違和感が少ない

症例ははこちら

矯正

歯並びが悪いとどのような影響がありますか?
歯みがきが難しいので、虫歯や歯周病になるリスクが高くなります。それは、早くに歯を失うことにもつながります。 他に、うまく発音ができない、十分に噛むことができず、消化器官に負荷がかかる、顎の発達不全により、顔や体が歪む、対人コンプレックスなどが考えられます。
矯正治療をするメリットは何ですか?
矯正治療の目標は、歯並びを整えることによって、見た目の美しさと良い噛み合わせを獲得することです。単に美しい歯並びをつくることばかりでなく、おいしく食事を楽しむことや発音を明瞭にすること、虫歯や歯周病になるのを防ぎ長期的なお口の健康を維持することができます。当院では、部分的なものからお口全体にわたるものまで矯正専門医が治療させていただきます。
矯正治療は何歳からはじめるといいの?

お口の状態によって、始める時期は異なります。前歯4本が永久歯に生えかわる小学校低学年の時期に、一度受診されることをおすすめします。
矯正治療に年齢制限はありますか?
従来、矯正治療は子供の頃に済ませるものと思われてきましたが、現在では成人の方も歯並びをきれいにしたり、歯周病治療の一環として矯正治療を受けられるケースが増えています。
歯を抜かないといけないのでしょうか?
抜歯が必要かどうかは、お口の状態により異なります。必要のないケースで抜歯したり、無理に抜歯をせずに治療を行うと、治療結果や治療期間に悪影響をおよぼす場合がありますので、患者様の状態をしっかり診断したうえで一緒に最善の治療計画を立てていきます。
矯正治療は痛くないですか?
歯を動かす際は矯正する力がかかりますので多少の痛みはありますが、治療後2~3日ほどで慣れて、痛みを感じなくなる方がほとんどです。
矯正治療は目立ちますか?

従来の矯正装置には、金属製で人目を引いてしまうものが多かったのですが、現在では、歯の色に非常に近い白色のセラミックや透明のプラスチックを使用した装置などもあります。
差し歯があっても矯正治療はできますか?
大きさや場所にもよりますが、セラミック製の差し歯や金属製のクラウンが入っている場合は可能なケースがほとんどです。何本か歯を失って大きなブリッジが入っている場合は、一度撤去して仮歯を入れてから矯正治療を行います。患者様のお口の状況によって異なりますので、お気軽にご相談ください。

症例ははこちら

歯周病

歯周病ってどんなのものですか?
虫歯と並び、お口の中の二大疾患と呼ばれる代表的な病気です。40歳以上では日本人の80%以上が歯周病にかかっていると言われています。多くの人は自覚症状がなく、知らぬ間に進行することが多いです。症状が出たときには手遅れの場合もあり、不幸にも歯を失う最も大きな原因となっています。歯みがきが不十分で歯と歯肉の間に歯垢(プラーク)がたまると、そこについた細菌がさまざまな毒素を出し歯肉や歯を支える骨(歯槽骨)を侵していきます。これが歯周病の始まりです。
歯周病が疑われる症状ってどのようなものですか?
・歯と歯(または歯と歯ぐき)の間に食べかすが挟まりやすい
・歯みがきのときに出血する
・疲れたときに歯ぐきがうずいたり腫れたりする
・歯がグラグラする
・冷たいものや熱いものがしみる
・口臭が気になる
このような症状が現れたらなるべく早く受診し、レントゲンなどで状態をチェックしてもらいましょう。
歯ぐきから出血するのですが、どうしたらいいですか?
ブラッシング時や食事のときに血が出るようなら、歯周病の可能性があります。なるべく早めに歯科医院で診てもらいましょう。
疲れると、歯ぐきがすぐに腫れます。歯医者に行くべきでしょうか?

歯ぐきが腫れるのは、細菌の感染があるためです。疲れて抵抗力が下がったときに腫れや痛み(自覚症状)が現れます。抵抗力が戻れば症状は治まりますが、完治したわけではありません。原因としては、歯周病の他に、歯根が化膿していたり歯が割れている場合もあります。腫れや痛みの症状が現れたら、できるだけ早く歯医者に行きましょう。
歯がグラグラしていますが痛みはありません。診てもらう必要はありますか?
歯のグラグラは、歯を支えている骨が溶けてきている状態であり、歯周病が中等度から重度に進行している可能性があります。最悪の場合、抜けてしまうこともありますので早めの受診をおすすめします。
歯周病と言われましたが薬は特にもらっていません。薬を使わずに歯周病は治るのでしょうか?
初期段階の歯周病は、歯石除去と適切なブラッシングで治るケースがほとんどです。重度の歯周病になると麻酔をして歯ぐきを切開して歯石をとる場合もあります。薬を服用せずに済む症例はたくさんありますのでご安心ください。重度の場合は抗菌療法を行い特定の歯周病原因菌を駆逐する治療法を用いることもあります。再発を防止するために定期的に予防処置を行いましょう。
歯周病が他の病気を引き起こすことはありますか?
可能性はあります。歯周病で歯ぐきに強い炎症が起こると、そこから細菌が進入し、血液や呼吸器内に入り込んでしまいます。この細菌が身体を攻撃し、心臓病・糖尿病・肺炎・早産などの病気を発病させたり悪化させたりすると考えられているのです。もちろん、糖尿病から歯周病を悪化させるという逆のパターンもあります。まずは歯周病予防、治療を徹底することからはじめましょう。
妊娠中でも歯周病の治療はできますか?

できるだけ早期の受診が必要です。安定期であれば治療可能な場合もありますが、臨月期にはあえて治療を行わない方が良いかと思います。胎児への影響を第一に考え、産後の受診をおすすめします。
歯周病の治療ってどうするの?
1.ブラッシング
歯周病の原因はプラークです。正しいみがき方を身に付け、みがき残しがないようにしていただくことが大切です
2.スケーリング・ルートプレーニング   
スケーラーという専用器具を用いて歯石を除去します。また、歯石を取り除いた後、歯根の表面がザラザラのままでは再び細菌がたまりやすいため滑らかに仕上げます。
3.歯周外科手術(必要に応じて)
深い歯周ポケットや歯の周囲の骨にでこぼこがあると、再び歯石がたまりやすく、歯周病が進行する原因になりかねません。歯周治療の最終目的は細菌がたまりにくく、ブラッシングし易い環境をつくることです。そのゆえ、このような状態を改善するための外科手術が必要な場合があります。
4.メンテナンス
治療終了後の再発を防ぐため、ご自身での丁寧なブラッシングは欠かすことができません。それゆえ、定期的な検診と専門的な口腔内清掃などのメンテナンスも非常に重要となります。
歯周再生療法ってどんなものですか?
歯周病の進行により失った歯の周囲の骨を、外科手術により再生する治療法です。おもに歯周組織再生誘導材料(エムドゲイン)を用います。

症例ははこちら

虫歯

虫歯

どうして虫歯になるの?
お口の中の虫歯菌が糖分を栄養にして酸をつくり、歯を溶かしてしまうからです。虫歯を防ぐためには、毎日の歯みがきや食生活が大切です。ちなみに、赤ちゃんの頃は虫歯菌がいません。虫歯菌が発生する原因は、口移しなどによる親子間での口内感染と言われています。したがって、遺伝によるものと誤解されている方も多いのです。
虫歯はきちんと歯みがきをすれば治る?
ごく初期の虫歯(黒ずむ前)であれば、適切な歯みがきやフッ素塗布などにより再石灰化が起こり治ります。しかし、大部分の虫歯は治療が必要です。時折「痛かった虫歯が痛まなくなった。治ったのかな?」ということを耳にしますが、これは体の防御反応が働いた結果です。虫歯が治ったわけではありません。
治療は痛いですか?
当院では痛みの少ない治療を心がけていますが、どうしても痛みが伴う治療は存在します。痛みを抑えた治療を行うためにも、できるだけ早めにご来院ください。歯科治療の基本は早期発見・早期治療です。

予防

毎日ブラッシングしていても歯周病になるの?
100%きれいにブラッシングができているという方はほとんどいらっしゃらないでしょう。そのため、歯周病になる可能性は誰しもあります。かといって、あきらめることはありません。歯周病を防ぐために、歯科医院で定期検診を受けましょう。
フッ素って何?どんな効果があるの?
地中、海、川、植物、動物などに微量ですが含まれている自然環境物質です。歯質を酸に溶けにくい性質に変えることができるため、虫歯予防の効果が期待できます。
定期検診って大切なの?
ずばり、メンテナンスです。丁寧な歯みがきを習慣づけること、PMTCで定期的に徹底ケアを行うこと、定期健診を受けることが口腔内トラブルの早期発見・治療につながり、歯の美しさを長持ちさせてくれるのです。

親知らず

親知らずはなぜ抜かなくてはいけないの?
不具合の出ない親知らずは抜く必要はありません。ですが近年、正しい位置に生えてくることが少なく、腫れたり、虫歯になったりなどのトラブルになりがちです。トラブルが起きる前にできるだけ若いうちに抜くことをおすすめします。
親知らずは抜いた方がいいのでしょうか?
親知らずは「必ず抜かなければいけない」というわけではありませんが、生え方に異常がある場合は注意を要します。痛みがあったり、噛み合わせが悪くなったりして、他の歯や顎関節に負担をかけてしまうことがあるのです。そのような場合は抜いた方がいいケースもありますので、ご相談ください。
「親知らず」は抜いた方がいいのでしょうか?
正常に生えているなら抜かなくても大丈夫ですが、ナナメや横に傾いて生えてきていたり、痛みがひどかったりする場合は抜歯した方が良いケースもあります。
親知らずを抜いているとき痛みはないの?
局所麻酔をするので痛みはありませんが、押されているような感覚はあります。
行ったその日にすぐ抜いてもらえるの?
基本的に初診の日には診査・診断をし、次回来院の際に抜歯を行います。ただ、初診の段階で腫れがあるときには、薬で腫れを抑えその場で抜歯します。
Page Top